2012年07月11日

壮行試合

なでしこ勝ったね~
さあ男子はどうかな。  


Posted by 五十衛 at 19:16日常

2012年07月11日

東日本大震災から1年4ヶ月

東日本大震災から1年4ヶ月になりました。
ちょこちょこ書こうと思ってるけど、忙しくて結局11日にしか書いてないですね。
って、先月もこれ書いたね・・・
まぁいいや、時間が無いんだからしょうがない。
まずは瓦礫の話。
震災瓦礫の処理が2割まで進んだって話だけど、個人的には「まだこれだけか」って印象。
輸送コストを下げる為、宮城県では山形、福島、秋田に受け入れ難航してる金属くずやプラスチック等の受け入れを打診したようだけど、同じ東北でどこまで協力してくれるかな~
既に瓦礫を受け入れてくれてるところもあるけど、協力するしないで同じ東北だからこそ後々まで言われる事になるぞ、これは。
瓦礫処理に関しては利権がどうだとか色々言われるけど、その地域に住んでる一般人からすればそんなのどうでもいいからとにかく早く処理してくれ(無くしてくれ)って思ってる人が結構多い気がする。
復興が進まないし、見ると震災を思い出して辛い人が多いようですね。
思い出して辛いと言えば、震災遺構。
保存か撤去かで色々と揉めているようだけど、個人的には保存すべきだと思う。
この間全国ニュースでもやってたけど、木の屋さんの鯨の缶詰看板が撤去されましたね。
津波被害に遭った方々は震災遺構の撤去要望が多いようですね。
当然、気持ちは分かる。
津波被害を受けていないから、簡単に保存するべきと言ってるようにみえるかもしれないが、やっぱり残すべきものは残さないと後世に伝えられないと思うんだよね。
前にも書いた事があるけど、石碑なんて立てても殆ど見なくなるだろうし、ここまで津波が来ましたって看板もいずれは「へぇ、そうなんだ」程度にしか見られなくなってしまう。
約50年前のチリ津波の時にここまで来ましたって看板があったけど、まだ生まれてなかった人は殆ど知らないし、体験した人でもこの看板より内陸なら大丈夫と思って逃げずに被害に遭った人もいた。
後世への残し方ってやっぱり重要だよね。
残しても伝わらなかったら意味無いし。
よく比較対象にされる広島の原爆ドーム。
じゃあ、原爆が落とされた日は?って聞いても答えられない人が増えてきた。
終戦の日が答えられない人も増えてきた。
阪神大震災はいつ?ってのも答えられない人がいる。
東日本大震災もいずれはそうなる日がくる。
あれだけインパクトのある原爆ドームが残っててもこうなってしまうのに、石碑程度の効果なんて無いようなものだと思うんだよね。
目に見えるから辛いなら、隠したらどうなんだろうか?
遺構をドームのようなもので取りあえず覆ってみるとか。
風雨による劣化も防げるし、余所の人にも見ておいて欲しいし。
自分の子供や孫に説明したって、想像出来る人ってそんなにいないと思う。
自分の目で見るのが一番だと思うよ。
最近の被災地ツアーだって、TVと実際に見るのでは全然違うっていう声が多いしね。
「東北や関東に被害があった地震」じゃなくて「日本に被害があった地震」と捉えるべきだと私は思うし、日本史に残る大地震の遺構は全日本国民で共有しなきゃいけないんじゃないかなって思う。
国の方でこれは残すようにとか決めてくれればいいのに。
残すと言えば、残されなかった災害対策本部会議の議事録。
録音機器1台、カメラ1台でも置いておけばよかった話なのに、パニックで議事録に頭が回らなかったって事だったね。
会議はフルオープンだったけど、記録は取らないとまずいだろ。
先日、その災害対策本部の議事要旨がようやく公開されました。
メモだとかマスコミの映像提供などから作成したそうです。
何も無いよりはマシだろうけど、リアルタイムのすべての記録が無いのは残念だね。
今後は大丈夫だとは思うけど、どうなんだろうね?
ていうか、宮城県沖地震の時はどうやってたとか記録にないのかな?
宮城県沖地震の時の対応が今回のに活かされなかったのであれば、今後また同じような災害があっても期待は薄いな。
要するにあれだ、宮城県沖地震が近い将来必ず起こると言われてても危機感が足りなかったって事だね。
会議に参加する人はそれなりの地位の人だろうから、いい歳の人達だろうし、宮城県沖地震の周期で考えても定年になってるのが殆どだろうな。
そうなるとやっぱり日々の訓練とかが大事になってくるのかな。
勿論、中身の薄い訓練では意味が無いが。
長くなったので今回はこの辺で終了。  


Posted by 五十衛 at 02:21災害・防災関連