2010年01月17日

地震の話

阪神淡路大震災から15年経ちました。
15年経っても復興していないと感じている方が多い事に正直驚きました。外から見るのと内から見るのは、やはり違うのだろうか。
「失ったものがあまりにも大きかったという事、震災を知らない人が増えたが決して風化させてはいけない」とインタビューで答えていたのが印象的でした。

宮城もかつて宮城県沖地震がありました。そして近い将来に再び起きるといわれています。その為、宮城県沖地震当時まだ生まれていなかった人も名称は知っています。しかし、実際にどうだったかを知ってる人はどれぐらいいるのだろうか。
私はまだ生まれていなかったので資料等でしか知りませんが、昔自分で調べて勉強したり親や先生が体験した話を聞いたりしたので、自分より下の世代よりは知ってるつもりです。
風化させていけないのは名称よりも中身だと私は思います。伝えていく努力と知ろうとする努力が大事じゃないかと思います。知ってるからこそ次の震災で活かせる事ってあると思います。
自分より上の世代で「何とかなる」と一切防災対策していない人が周りに多くて悲しくなります。いざと言う時どうするんだろうか。
地球上にいる限り地震はどこでも起こります。いつでも自分が被害者になる可能性がある事を肝に銘じるべきだと私は強く思います。


タグ :地震震災

同じカテゴリー(災害・防災関連)の記事画像
東日本大震災から7年8ヶ月
東日本大震災から7年5ヶ月
東日本大震災から7年2ヶ月
東日本大震災から6年11ヶ月
東日本大震災から6年9ヶ月
東日本大震災から6年8ヶ月
同じカテゴリー(災害・防災関連)の記事
 頻発 (2019-12-04 12:28)
 東日本大震災から8年8ヶ月 (2019-11-11 02:02)
 大雨 (2019-10-25 19:07)
 台風一過 (2019-10-13 11:16)
 警戒レベル5 (2019-10-12 23:21)
 避難指示 (2019-10-12 21:10)


削除
地震の話