2010年08月30日

第8話「友垣との哀しき再会 猛執刻まれし日の記憶!」

TVアニメ戦国BASARA弐 第8話「友垣との哀しき再会 猛執刻まれし日の記憶!」の感想。
初回視聴時の感想を中心に箇条書きな感じで簡単に書いてます。
ネタバレなので続きからどうぞ。

慶次&秀吉。
慶次が家督を奪った事になってる。皆を守る為なんだね。
心配そうな夢吉がかわいい。
慶次が真面目だとどうも落ち着かない。
オープニング。
ねねの話。
睨む秀吉怖い。怯える夢吉。
慶次のは理想論。そうなりゃいいんだろうけど、綺麗事にしか聞こえん。戦国の世だぜ。
帰る慶次。半兵衛と会う。お話してお別れ。
吐血半兵衛。
ところ変わって薩摩。
島津とお話する幸村。武蔵が無邪気だな。
「最強は俺様だけどー」を普通にスルーする幸村。
半分も兵を失ったもよう。
まだモヤモヤな幸村。お館様デカっ。偉大なんだね。
夕方。
魚を焼く武蔵。親子というよりじいさんと孫だな。
島津の魚の食べ方豪快。
島津は1期で元就に会いに行ってたんだね。
島津の言う事に納得。あそこまで自国の事だけ考えてる元就もすごいよね。
またまた慶次。
心配する夢吉。落ちたー!
松永ー
猿にまで心配させる慶次って一体。
回想。
ゲームネタだね。慶次は松永の事覚えてたのに松永は覚えて無かった。どーでもいいからなんだろうな。
「こいつ、やべぇ」ホントにな。
秀吉を守る慶次。
大人な私が子供の卿らに教えてやったとか何て勝手な言い分。さすが松永。
本願寺の僧兵が来た。
秀吉覚醒。きっかけが松永。松永が一番悪いんじゃないか。
回想終了。
秀吉と謁見中の松永。早々に退散する秀吉。
筆頭に松永をぶつけようとしてる半兵衛。
ところ変わって伊達軍。
山賊に囲まれる伊達軍。
アニキだー!山賊じゃなくて、陸にあがった海賊だった。
馬が欲しいもよう。
ここで終わりかー!
エンディング。
予告。
筆頭VSアニキだ。そして連合軍だとー
小十郎と松永とか。

8話はこんな感じでした。
慶次の回だったので短いね。
次回が楽しみ過ぎてしょーがない。


同じカテゴリー(戦国BASARA)の記事画像
戦国BASARA真田幸村伝
ずんだ味
筆頭ケーキ
戦国BASARA4皇
戦国BASARA4
三寸武将コレクション壱
同じカテゴリー(戦国BASARA)の記事
 バトパ (2019-06-25 19:10)
 戦国BASARAバトルパーティー (2019-06-24 19:00)
 みやぎサーモン (2019-04-25 02:39)
 戦国BASARA真田幸村伝 (2016-08-25 23:18)
 ずんだ味 (2015-12-12 11:20)
 筆頭ケーキ (2015-10-30 19:24)

Posted by 五十衛 at 20:26 │戦国BASARA

削除
第8話「友垣との哀しき再会 猛執刻まれし日の記憶!」