2010年09月20日

直江兼続生誕450年祭

お待たせしました。
直江兼続生誕450年祭よねざわ戦国まつり2010~愛と義のまちに集結~レポその1開始します。
長いタイトルだな。
早速カテゴリーをどれにしようかで迷った。
一応伊達関連目的で行ったという事でしたが、直江の祭だしって事でこのカテゴリーにしました。
※順番に書かないと分からなくなるので、伊達武将隊はまだまだ先になりますー

さて、前日は準備に追われ政宗公まつりレポのUPも終わらずという状況でしたが、1人旅じゃなかったのでとにかくクマが酷い顔を晒せないという事で早めにベッドに入ったものの、いつものように楽しみでしょーがなくて眠れず結局4時間ぐらいしか眠れなかった。だからクマ酷かったぜー
早く目も覚めたし政宗公まつりレポのラストをUPして、準備というか確認して仙台駅へGo!
仙台から米沢までは新幹線。
仙台駅でお友達と合流。メールのやり取りはしてましたがお会いするのは初めてでした。
お友達とか書いてますが、私よりおねーさんだった事が判明してタメ口を慌てて謝る事態に(笑)
いや、皆若いよねー私が老け過ぎなのかもしれんが・・・
新幹線ってあまり乗った事がなくイマイチ乗り方とか知らんので、お友達に切符も買ってて貰い改札で2枚通す事を教えられながら(笑)乗車。

直江兼続生誕450年祭


新幹線2階じゃん!と子供のようにはしゃぎました。恥ずかしいヤツ(笑)
座席の倒し方も知らんとかマジで恥ずかしいー
観光もしたかったので早めので行きました。
福島で乗り換え。
方向音痴の私だけだったら絶対迷うよなー。1人だったら絶対行かなかったとあらためて思う。
米沢が近付いてきてビックリしたのは、新幹線が低いところ(住宅街の中?)を走ってたところ。
在来線と線路同じなの??
って感じで米沢には9時半ぐらいに到着。
まずパンフ確保。
まだ早かったので帰りに買うお土産を決めておく。

直江兼続生誕450年祭

駅を出るとゆるキャラの「かねたん」「かげっちさま」「おせんちゃん」がお出迎え。かねたんしか知らなかったー

直江兼続生誕450年祭

祭に合わせてか普段からあるのかは知らないけど、駅前はこんな感じでした。

早速観光開始。
私は出掛ける時には下調べを必ずするのですが、今回はお友達も一緒という事で調べる時間が無かったのでお任せしました。
ありがとうございました!
まずは駅から歩いて8分ぐらいの宮坂考古館に向かう。
多分こっちーで進み始めたけど、イマイチ分からん。パンフに書いてなかったんだよねー
が、工事かなんかのまわり道看板に書いてあり、思いがけず地図を発見。

直江兼続生誕450年祭

宮坂考古館発見。

直江兼続生誕450年祭


直江兼続生誕450年祭

ちょっと狭いですが、甲冑、刀鍔、火縄銃とかいっぱいあって見入ってしまいました。
謙信、直江、景勝、慶次等の甲冑がズラリと並んでました。
個人的には後ろも見たいんだけどなー
気になったのは、ここは人の家と隣接?敷地内?な感じで建てられていたので普通に驚いた。

駅に戻ってタクシーに乗り、次は米沢城址へ。
タクシーの運転手さんがよく喋る方でした。
「観光ですか?」と聞かれて「おまつりに」と答え、「どちらから?」に政宗公御生誕の地と言えど、上杉pushで伊達に敵対心持ってる人も多いから「仙台から」と答えていいものかと悩んでたら、お友達があっさり「仙台から」って答えてた(笑)
私はちょっと考えすぎか。
あとは「昨年の天地人ブームの時は道路の渋滞が凄かった」とか言ってました。
確かに道路狭いし少ないし、これじゃ混むよなー
あとは見どころとか教えて貰い米沢城址へ到着。

直江兼続生誕450年祭


直江兼続生誕450年祭

舞鶴橋。鯉が大きかった。

直江兼続生誕450年祭

鳥居。

直江兼続生誕450年祭

上杉謙信公家訓十六ヶ条。

直江兼続生誕450年祭


直江兼続生誕450年祭

人が結構いました。

直江兼続生誕450年祭


直江兼続生誕450年祭

こんな感じの石碑が結構ありました。

宝物殿である稽照殿も見ました。
ここには直江の「愛」の前立てで有名な「金小札浅葱糸威二枚胴具足」がありました。
1時間前ぐらいにはまちの広場に着きたかったので、ちょっと早足。

直江兼続生誕450年祭

招魂碑。

直江兼続生誕450年祭

上杉謙信御堂跡。

直江兼続生誕450年祭


直江兼続生誕450年祭

上杉鷹山像。

直江兼続生誕450年祭

上杉謙信像。

直江兼続生誕450年祭

以前は「公」って入ってなかった事は伊達信者(笑)には有名ですね。
伊達政宗公生誕之地。これが目的でした。

直江兼続生誕450年祭

次は近くの伝国の杜(米沢市上杉神社博物館)に行きました。
デカくてビックリしたー!
実際は1階部分にしか行かなかったけどね。
なかなかキレイでした。
特別展上杉家家臣団が開催されていました。
見る順番の矢印が少なくて途中で逆走したりしちゃったよ。
甲冑が360度見れる展示の仕方でテンションUP!
が、ちょっと頭にきたのが伊達関連が非常に少なく、しかも角の角。
気付かないんじゃないか?っていうぐらい端の端。
片隅にポツリとホントちょっとだけだった。
米沢の伊達に対する考え方はやはりそういう事なんだなと再認識。
もう伊達に乗っかるんじゃねぇ!と憤慨。
が、出口付近に火縄銃で画面の的を狙うゲームがあったんだけど、結構上を狙わなきゃ弾道的に当たらないんだけど見事当てる事が出来て再び上機嫌。
実は射的はそこそこ得意なのだ。のび太程じゃないけどね(笑)

直江兼続生誕450年祭


直江兼続生誕450年祭

能楽の展示。
ここは写真撮影OKだった。

そろそろ時間だーって事で、タクシーの運転手さんにまちの広場までは歩いて10分ぐらいと聞いていたので歩いてGo!

ここまで観光関連のみUPでしたー
次からはメインのまちの広場でのレポを開始します。



同じカテゴリー(雑記)の記事画像
南陽の菊まつり7
南陽の菊まつり6
南陽の菊まつり5
南陽の菊まつり4
南陽の菊まつり3
南陽の菊まつり2
同じカテゴリー(雑記)の記事
 2018まとめ (2018-12-31 11:39)
 2017まとめ (2017-12-31 10:58)
 2016まとめ (2016-12-31 04:08)
 2015まとめ (2015-12-31 10:26)
 2014まとめ (2014-12-31 10:10)
 ソチオリンピックまとめ (2014-02-24 23:36)

Posted by 五十衛 at 18:00 │雑記

削除
直江兼続生誕450年祭