2018年09月11日

東日本大震災から7年6ヶ月

今日で東日本大震災から7年6ヶ月になります。
先日発生した北海道胆振東部地震。
まだ余震が続いてて予断を許さない状況ですね。
あれが本震だったのかも分からないので、もっと大きいのが起きるかもしれないと思ってた方がいい。
それにしても本当に自然災害の発生と被害が多いね。
備えきれない感じもするけど、最低限出来る事はやっておいた方がいい。
今回大規模な停電で、何でこういう仕組みにしてたかな?って思った人多いと思うけど、お粗末だなと思った。
本当に最悪の状況を想定して色々対策しておかなきゃいけないよね。
想定外って言ってたけど、十分想定出来たんじゃないの。
甘く見過ぎだよ。
情報源がスマホしかない、でも停電で充電できないとか言ってる人もいたけど、ラジオぐらい用意しとけよと思う。
だって7年経ってるのに何も活かされてないって思っちゃうよね。
勿論そういうのは一部の人だけでちゃんと備えてた人がいる事も分かってるし、備えてたけど家が崩れそうで取りに行けないとか、大規模な停電も一般人には初めてそういう仕組みになってた事を知った人が多いのも分かる。
でも自分の身は自分で守りましょう。
本当に行政も何もかも当てにならないよ。
必死になってるのは皆一緒で、優先順位っていうものがあるから一般人はどうしても後回しにされるからね。
最低1週間は誰の助けも受けないで生き延びられるぐらいの準備はしておかないと。
この間、非常用持ち出し袋を用意しているかって調査結果を何かで読んだけど、65%が用意していないそうだね。
理由が「何を用意すればいいか分からない」、「中身の交換が面倒」、「お金が掛かる」等があった。
何を用意すれば分からないっていうのは、そもそも用意する気ないし危機感無さ過ぎでしょ。
用意する気あったら何が必要か調べるし、セットになってるもの買えばいいじゃん。
中身の交換が面倒なのとお金が掛かるのは凄くよく分かる。
私も最近面倒になってきたけど、被災生活を思い出して何とかやってる。
空腹の状態でストレスも溜まってて、炎天下もしくは極寒の中開くか開かないか分からない店の前で長時間並ばなきゃいけない状況。
やっと食糧を買えたけど次いつ買えるか分からないからお腹一杯食べられない状況。
長時間並んだのに自分の目の前で売り切れる状況、もしくは店が開かなかった状況。
私は二度とこんな状況に置かれたくないし、ぶっちゃけ発狂しそうになったから、お金が掛かったり面倒でも前もって備えておく事を選ぶ。
体験しないと分からないけど、空腹で力が入らない時に何かをするって物凄く辛い。
私は家族と住んでるから皆で協力して何とかなったけど結構ギリギリの状態だった。
一人暮らしの人とか相当きつくなると思うよ。
特に水は給水車のところに行かなきゃいけないとか時間や量も決まってたりするし、水をとるか食糧をとるかみたいな状況になる。
3.11の時、私が行った給水所は量に制限掛かってたし明日も来れるか分からないと言われた。
夏場は水に制限掛かると死ぬからね。
備えるって本当に大事だとつくづく思う。
人それぞれ状況が違うから、自分の場合どうなるかを想定しておいた方がいい。
例えば、被災しても出勤しなきゃいけなかったり、怪我をしていたり、妊娠していたり、乳児がいたり、ペットがいたり等々。
長くなったけど、要するにちゃんと備えておこうよって事。
まだ何も準備してない人、避難所行けば何とかなるだろうって思ってる人、大規模な災害の場合は何とかなりません。
色んなものが不足します。
今すぐ備えましょう。

今回はここまで。



同じカテゴリー(災害・防災関連)の記事画像
東日本大震災から7年8ヶ月
東日本大震災から7年5ヶ月
東日本大震災から7年2ヶ月
東日本大震災から6年11ヶ月
東日本大震災から6年9ヶ月
東日本大震災から6年8ヶ月
同じカテゴリー(災害・防災関連)の記事
 東日本大震災から7年8ヶ月 (2018-11-11 10:45)
 地震多い (2018-10-27 20:43)
 緊急地震速報 (2018-10-26 03:42)
 また地震 (2018-10-23 20:08)
 地震 (2018-10-22 19:50)
 東日本大震災から7年7ヶ月 (2018-10-11 02:01)


削除
東日本大震災から7年6ヶ月