2010年06月27日

第4話「揺れる緋の華 悲を呼ぶ信義!」

TVアニメ戦国BASARA 第4話「揺れる緋の華 悲を呼ぶ信義!」の感想。
初回視聴時の感想を中心に箇条書きな感じで簡単に書いてます。
ネタバレなので続きからどうぞ。

いきなり撫で斬りっぽいやつ。
「平伏せぃ愚民共」by信長。
オープニング。
近江。
長政登場。熱いよね。
あ、市もいた。暗ー
1話よりはカワイイかな?
対称的な2人。
佐助登場。
早速「削除」発言出た。
佐助の織田包囲網の御誘いを断る長政。オーバーリアクション過ぎ。
消える佐助。
ところ変わって甲斐。
お館様に呼ばれた幸村が部屋に入るとかずががいました。いちいちエロい。
自己紹介を始める幸村。「破廉恥!」は出ないんだ。
いつの間にか佐助とかすがが許嫁になってるー
ていうか佐助、いくらなんでも勝手にそれはマズイだろ。
怒りだすかすが。佐助を探してキョロキョロしてる幸村がすげー笑顔だ。
お館様の一時共闘発言に真面目な雰囲気になる。
納得いかない幸村。こいつも相当のお館様至上主義だよね。
殴られた。吹っ飛んだ。
かすがポカーン。
この壊れたのって誰が直してるんだろ。佐助かな。
慶次の事を話し出すお館様。
伊達軍での慶次の様子。
ご飯味見してグー。リーゼントの作ろうとしてる。すっかり伊達軍に馴染んだ様子。
筆頭と小十郎はお話し中。
幸村じゃないけど、お館様の言葉はどれも重みがあってよい。感じいる。
謙信の心にお館様がいるのにちょっと嫉妬するかすが。こういうのかわいいな。
かすがが帰ると佐助が帰ってきた。
お館様に報告する佐助。「全然ダメっす~」軽いな、おい。
廊下歩く幸村と佐助。
「許嫁じゃないって言ってたよー」「テレ隠しに決まってんじゃーん」
納得する幸村。女心に疎いんだからーと佐助に言われるけど、それ嘘じゃん。
筆頭には滾ったけど信長には滾らなかった幸村。
「惚れられちまったもんだな、あの旦那も」・・・そのようです。
進軍中伊達軍。
「独眼竜ー!」近づいてくる慶次を小十郎チラ見。
慶次が色々言ってる。
「そんな事は小十郎がとっくにお見通しだ」・・・さすが。微妙な顔する慶次。ウケる。
ところ変わって浅井軍。
光秀登場。
長政が逃げろって言ってるのに逃げない市。
2人は信長のところへ。
市に銃を突き付けて朝倉を攻めろと脅す信長。
項垂れる長政。
武田と上杉合流。
お館様の書状を読む家康。忠勝の目がキラーン。
再び伊達軍。
筆頭に話しかける慶次。長く話し過ぎて小十郎に威嚇される。ウケる。
1人で朝倉のところに行こうとする長政。光秀に見つかる。光秀不気味すぎる。
独眼竜を削除してみせる!だって。まんまとハマっちゃって。
各軍の様子。
筆頭の前立てが異様にメタルな感じになってる。
エンディング。
予告。
次回は家康登場。忠勝の戦いっぷりが楽しみ。

4話はこんな感じです。
一気に登場キャラが増えてきました。


同じカテゴリー(戦国BASARA)の記事画像
戦国BASARA真田幸村伝
ずんだ味
筆頭ケーキ
戦国BASARA4皇
戦国BASARA4
三寸武将コレクション壱
同じカテゴリー(戦国BASARA)の記事
 バトパ (2019-06-25 19:10)
 戦国BASARAバトルパーティー (2019-06-24 19:00)
 みやぎサーモン (2019-04-25 02:39)
 戦国BASARA真田幸村伝 (2016-08-25 23:18)
 ずんだ味 (2015-12-12 11:20)
 筆頭ケーキ (2015-10-30 19:24)

Posted by 五十衛 at 22:18 │戦国BASARA

削除
第4話「揺れる緋の華 悲を呼ぶ信義!」