2010年10月14日

第10話「復活の若き虎!改造大要塞・日輪の脅威、東へ!!」

TVアニメ戦国BASARA弐 第10話「復活の若き虎!改造大要塞・日輪の脅威、東へ!!」の感想。
初回視聴時の感想を中心に箇条書きな感じで簡単に書いてます。
ネタバレなので続きからどうぞ。

落ちた小十郎の襟章を拾う文七郎。
説明を求めるアニキ。
筆頭は部下をアニキに任せて一人で小十郎を助けに行こうとする。
松永とは因縁があるから一緒に行くぜ!なアニキ。
どこか高いところにいる松永。
オープニング。
薩摩軍+真田軍VS豊臣軍。
元就登場。
毛利軍も入り乱れ。
一般人を攻撃する毛利兵。病んでるなー
止める幸村。
心の中のお館様。まだ迷ってんのかよ幸村ー
毛利軍VS島津。
島津強ぇ~
幸村加勢。
元就は計算通りで、馬で撤退。
ところ変わって筆頭達。
地面爆発。地雷か。
やっぱりアニキの部下の声高いって(笑)
裂けたところを飛び越える。
アニキと筆頭の息が合ってる。
着地点爆発とか、さすが松永(笑)
相変わらず馬が凄い件。
松永と対峙。
「小十郎はどこだ」顔が近いです筆頭。
小十郎は居ないもよう。
手から爆発。吹っ飛ばされる筆頭&アニキ。
大坂城。
小十郎はそのまま居た。
作戦会議中の半兵衛&秀吉。
三成ー!家康ー!出たー!
ところ変わって慶次。
御守り探してる。夢吉かわいい。
かすが登場。
豊臣の情報を流す。
かすがに夢吉を預かってくれるよう頼む慶次。怒る夢吉。慶次の腕にくっつく夢吉。
指きりかわいい~
再び薩摩。
ホントに捨て駒で哀れな感じ。
島津とお話しする幸村。
幸村は年長者の言葉がないと成長できんのか。
そして筆頭の事を思い出す。
ていうか、この間から筆頭の事想い過ぎだろ(笑)
幸村の敵は元就のもよう。今回は蒼紅別れたままなんだねー
別れの杯を交わす2人。出陣する幸村。
山が割れて要塞・日輪登場。
富嶽の原形ほとんどなしだな。
秀吉も出陣。半兵衛の病気には気付いてた。
半兵衛吐血。量がハンパないけど、赤ワインみたいに若干クリアだな(笑)
部下から報告を受ける佐助。
見てたかすが。いきなり佐助が出てきて驚く。お前ホントに忍かよ。
「忍なんだからいちいち驚かない」ほら、言われた(笑)
夢吉にあっかんべーされる佐助。何故に(笑)
小太郎ー!
またところ変わって筆頭&アニキ。
崖を上がって、豊臣軍発見。
小十郎のところに半兵衛くる。
ここで終わりー!
エンディング。
予告。
次回は小十郎+忍達。筆頭は出るのかー

10話はこんな感じでした。
今回は満遍なく皆出てた感じだけど、その分画面切り替え多かったな。


同じカテゴリー(戦国BASARA)の記事画像
戦国BASARA真田幸村伝
ずんだ味
筆頭ケーキ
戦国BASARA4皇
戦国BASARA4
三寸武将コレクション壱
同じカテゴリー(戦国BASARA)の記事
 バトパ (2019-06-25 19:10)
 戦国BASARAバトルパーティー (2019-06-24 19:00)
 みやぎサーモン (2019-04-25 02:39)
 戦国BASARA真田幸村伝 (2016-08-25 23:18)
 ずんだ味 (2015-12-12 11:20)
 筆頭ケーキ (2015-10-30 19:24)

Posted by 五十衛 at 19:27 │戦国BASARA

削除
第10話「復活の若き虎!改造大要塞・日輪の脅威、東へ!!」